みみはなブログ

主に紅茶の備忘録

フランスのスーパーでの紅茶の品揃え

・昨秋に過ごしたフランス(アルザス地方とパリ)のスーパーでの紅茶やお茶の品揃えについて

 

主に、モノプリ、カルフールなどのメジャーなスーパーを見て回りました。

 

 

人種的にカフェイン耐性が低い人が多いためか、紅茶の品揃えは少なめ。

代わりに、ハーブティーのバリエーションが多めでした。

 

①紅茶のメーカー

トワイニング(イングリッシュブレックファスト、ダージリンアールグレイレディグレイ、オレンジ&シナモン、ミント緑茶、ライム緑茶、レモン緑茶、)

→紅茶よりも緑茶ベースの品揃えの方が豊富です。

 

リプトン(5レッドフルーツティー、アールグレイ、ロシアンアールグレイ、5レッドフルーツグリーンティー、ミントグリーンティー、マラケシュミントグリーンティー)

 

モノプリpvブランド(イングリッシュブレックファスト、アールグレイ、レモンティー、シトラスグリーンティー、ミントグリーンティー)

 

テトレーなど。

 

ハーブティー

エレファント

La Tisaniereなど

 

紅茶などのカフェイン含有茶が3〜4割、ハーブティーが6〜7割のバリエーションでした。

 

どのスーパーにもよく置いてあるのが、リンデン、ミントとリコリス、アップルとシナモン、ハニーとリンデン、カモミールフェンネルなどのスパイシーブレンド、レモンとミントなどでした。

 

ルイボスは日本ほど浸透しておらず、スーパーに置いてある緑茶で日本産のものはありませんでした。着香茶に使われているベースの緑茶のほとんどは中国の緑茶です。

 

紅茶と緑茶は着香、非着香問わず、マリアージュフレール、ダマンフレール、クスミティー、ジョルジュキャノンなどの専門店に行けば多種類扱っています。

 

ルイボスティーよりもフランスではハーブティーが主流のようでした。

 

例えば、カフェのメニューにも紅茶とハーブティー(ティザーヌ)がほぼある店が多い印象でした。ハーブの中でもリンデンが一番多かった印象です。