みみはなブログ

主に紅茶の備忘録

オリジナルフレーバーティーのテイスティング

フレーバーティーを自由に組み合わせてテイスティングしてみました。

 

使用した茶葉は紅茶ベースと緑茶ベース

 

・レモンティー

・ローズティー

・マンゴーティー

・メロンティー

・ベリーティー

・オレンジティー

・ココナッツティー

・ピーチティー

ジャスミンティ

・チェリーティー

・アップルティー

などです。

 

中でも個人的に好きな組み合わせのフレーバーはこちらです。

 

・ピーチとジャスミン

これは紅茶ベースでも緑茶ベースでもとても合うフレーバー。アイスティーにしても美味しい。

 

・ローズとアップル

甘いけれども爽やか。

 

・ローズとスミレとほんの少しミント

これはマリアージュフレールイスカンダルの着香になります。自分で組み合わせてみたらイスカンダルを再現できました

 

・レモンとストロベリー

酸味はなく、甘さの中に爽やかさが演出されているのですっきりと飲める。どこか少しマリアージュフレールのサマースノウにも似ている。

 

・レモンとベリー

とても合う。アイスにしてもおいしい

 

 

逆にイマイチだった組み合わせのフレーバーはこちら

 

・マンゴーとチェリー

どちらも甘いので代わり映えしない

 

・マンゴーとベルガモットアールグレイ

別々に飲んだ方がおいしい

 

アールグレイジャスミン

どちらも主張が強いので別々に飲んだ方が個人的人は好み

 

 

テイスティングを終えてみての所感

どの香料を使うか、また比率によって全く異なる結果になりました。このブログのように文体が統一されていなければ、書くときの環境や精神状態によってむらがあるのと同様です。

フレーバーティーの仕上がりもテイスティングでの感じ方も使う香料のメーカー、ベースの茶葉、香料の比率によって大きく感じ方に差異が生じました。

桃とジャスミンがとても合うのは、どちらも中国の植物だからでしょうか。万人受けする香味だと感じます。

レモンとストローベリーは酸味と甘みといったお互いの良いところ引き立たせる相性にも感じました。

 

相性が良い香りは植物それぞれの産地も大きく影響するのでしょうか。ますますフレーバーティーの追究が楽しくなります。