みみはなブログ

主に紅茶の備忘録

ルピシア/サクランボ

2013年冬のルピシア・フレーバード竹に入っていた『サクランボ』の感想です。

甘酸っぱい味と香りが苦手な方ですが、サクランボという繊細さをどう表現したのか、非常に興味が湧きました。 ローズマリーが入っているので、爽やかでエグ味が軽減された優しい甘い香りが印象的。 他の方々の紅茶ブログのレビューを見る限り、サクランボは期待できないから、早めに飲み干そうかな~と、開封しましたが、想像以上に良い香りでした。

 

↓ホットで飲んでみた↓

茶葉のときと同様に淹れても香りが半減せずにおいしく飲めました。 『チェリー』フレーバーの紅茶をよく見かけますが、チェリーとは例えば”ブラックチェリー”と”レイニアチェリー”では香りと味が大きく異なるので大雑把に表現することは簡単だと思います。しかし、日本の『さくらんぼ』となると、繊細で甘さや酸味だけでなく日本人だからこそ表現できる香りなのではないでしょうか? ローズマリーの香りがサクランボの清々しい爽やかさを表現できています。 1杯をきちんと味わいたくなるフレーバーティーでした。すごく人工的なんだけれども、そこがいいと思わせる香り。

 

↓ミルクティーにしてみた↓

甘さとローズマリーの風味を保ちつつ、お子様が好みそうな甘いミルクティーになりました。 ミルクでもおいしいです。 アイスティーは香料とハーブの味がちゃんと出たので、夏はアイスもおススメです。

 

↓総合評価↓

★★★★