みみはなブログ

主に紅茶の備忘録

ビゲロー/紅茶アソート6種類

ビゲロー『紅茶アソート6種類』の感想です。 BigelowAssortedTea.jpg

 

それぞれのフレーバー6種類各3個づつ入っています。 内訳&飲んだ感想↓

 

■レモンリフト:紅茶、レモン、スパイス  

→ベースの紅茶の味はとても薄く、レモンは強く香ります。食品成分表示が”スパイス”としか記載されていないので不確かですが、シナモンやクローブ系の香りと味がしました。

 

■グリーンティー:緑茶、フレーバー  

→緑茶の味が薄いくて香りも弱い。アミノ酸の味が好きな方は日本の煎茶や玉露が良い気がします。

 

■コンスタントコメント:紅茶、オレンジ、スパイス  

味が薄いですね。スパイスはシナモン、クローブなどが感じ取れました。特に個性が際立つ味ではないので、多くの人が常飲できると思います。

 

アールグレイ:紅茶、フレーバー(ベルガモット

アールグレイだけれども、紅茶の味が薄くてベルガモットの香りも弱いので、穏やかなアールグレイを求めている方には良いかもしれませんね。

 

■プランティーションミント:緑茶、スペアミント  

スペアミントはほんのり甘いので、中国緑茶とミントの組み合わせは爽快感があります。夏場のアイスティーにおすすめです。

 

■イングリッシュブレックファスト:紅茶  

こちらもどの産地の茶葉がブレンドされているのかという記載はありませんでした。”イングリッシュ・ブレックファスト”とはアッサムとセイロン(ディンブラやロウグロウンなど)のブレンドで発売しているメーカーが多いですが、ビゲローのEBの味はあまりにも薄いのでミルクティーには適さないでしょう。

 

↓ホットで飲んでみた↓ ビゲローの商品は全体的に薄味ですね。濃い紅茶が苦手な方にとってはとってもおススメなメーカーです。

↓総合評価↓ ★★