みみはなブログ

主に紅茶の備忘録

ネパール・ジュンチャバリ茶園2015年冬摘み茶/Autumn Winter Tea from Jun Chiyabari Tea Garden in Nepal

2015年冬摘みネパール・ジュンチャバリ茶園のお茶の飲み比べをしました。

Tasting of Autumn Winter tea from Jun Chiyabari Tea Garden in Nepal

 
茶園オーナーのローチャン氏曰く、ジュンチャバリ茶園はインド・ダージリンエリアの地理的条件とやや似通っているけれども、通常のダージリン(春摘み、夏摘み、秋摘み)との区別化を図りたく、"冬摘み茶"という秋から冬にかけて摘んだお茶を製茶して(Autumn Winter Tea)、年に4回茶摘みをするスタイルを生み出したそう。ジュンチャバリ茶園はダージリンから約75kmのエリアに位置しており、気候はダージリンよりも雨が少ないのでやや異なります。

Mr. Lochan Gyawali, the owner of Jun Chiyabari tea garden, said his garden is about 75 km away from Darjeeling area, India, and the climate is a bit different with less rain. As the two owner brothers would have liked to distinguish between "Jun Chiyabari Tea" and a number of tea gardens in Darjeeling, they created "Autumn Winter Tea" by plucking tea leaves in each 4 seasons.

 

○ヒマラヤン・エバーグリーン (HEG)手揉捻緑茶 image.jpeg

台湾の蜜香緑茶の製法で作られた緑茶。水色が春摘みHEGより濃いめ。低めの温度で3分抽出しても渋みは出ませんでした。抽出時間を長めに設定すると、ほどよく出る渋みが心地良いですね。また、春摘みのお茶のようなまろやかさがありました。秋から冬にかけて摘んだお茶ということもあり、ややコクも感じられました。
○Himalayan Evergreen(HEG)Hand Rolled Green Tea plucked in Autumn Winter.
This green tea was made in the one of ways in Taiwanese tea manufacturing. the water color is bit darker than HEG in spring. it doesn't have astringency when I steep within 3 minutes with lower temperature. When I did it longer, it came a comfortable astringency a little. tasting mild like the tea plucked in spring.
 
 
○ヒマラヤン・ブーケ(HBO)半発酵茶。
image.jpeg
まるでフラワリーなブーケのような独特な香りが特徴的な半発酵茶。中国のウーロン茶(半発酵茶)とは香りも味も全く異なります。渋みや苦みが無いのは言うまでもなく、おいしく飲めました。
○Himalayan Bouquet(HBO)blue tea.
very unique aroma like bouquet. The taste and aroma are quite different from general Chinese blue tea. Obviously this tea does not have bitterness and astringency.
 
 
 
○ヒマラヤン・インペリアルブラック(HIB)
image.jpeg
台湾のチャノキから製茶された紅茶。台湾の蜜香紅茶のようだが、冬摘みはジュンチャバリならではのまろやかで優しい風味が感じられました。喉の奥の方からフルーティーな味も感じられる台湾のお茶の木がネパールの土壌で育ったおいしい紅茶。ミルクティーにも向いています。
○Himalayan Imperial Black(HIB) this black tea is made of Taiwanese tea trees. The mild taste and aroma are similar to the one of Taiwanese black tea. delicious fruity aftertaste. I recommend it for tea with milk.
 
 
○ヒマラヤン・ブラック(HB)
image.jpeg
HIBより茶葉が小さめ。HIBの香りと味は似ているけれども、HBの方がミルクティーに合うように感じました。茶葉が比較的小さめな一方、決して質は劣らずにおいしかったです。
The tea leaves are smaller to HIB. It's made of Taiwanese tea trees as well as HIB. Though the taste and aroma are quite similar to HIB, I felt this one is more suitable for tea with milk. Despite the leave size, the quality is never inferior to HIB.
 
 
○ハンドロールド・ヒマラヤン・ティップス(HRHT)J193。手揉捻紅茶 image.jpeg
ジュンチャバリの代表的なお茶。まろやかさと爽やかさを併せ持つ瓜二つとない特別なおいしさが感じられました。渋みなどはもちろんなし。柔らかくて香り高く、誰が飲んでもおいしいと感じさせられたロットの紅茶です。
Hand Rolled Himalayan Tips(HRHT) is well expressed the notable features of Jun Chiyabari Tea Garden, having both special mellowness and freshness together. Needless to say, everyone can deliciously have a cup of this " production lot J193" tea of HRHT.
 
この手揉捻紅茶(HRHT)ロット:J193は、ジュンチャバリ茶園にとって、とても貴重な紅茶です。このロットの約10kgはオーナー家族が消費するために、自宅用にキープされているとのこと。オーナーであるローチャン氏とバーチャン氏は、高校時代を過ごしたダージリンに、かつて存在した素敵で洗練されたホテルを思い出すそうです。J193ロットの紅茶がそのホテルを彷彿させるため、この紅茶はオーナー兄弟の思い出がたくさん詰まった極上品なのだと思います。 ネパール・ジュンチャバリ茶園のおいしい紅茶とお茶、ぜひ一度おすすめします。
This production lot "J193"of HRHT is tremendously special one for Jun Chiyabari Tea Garden. The owners keep 10kg in order to have cups of tea at their home. It reminds them of the memories of their high school period in Darjeeling, especially very gentle and refined hotel which no longer exists, where they first had genuine Darjeeling tea.