みみはなブログ

主に紅茶の備忘録

ツイッターの紅茶とお茶関連つぶやきまとめ

こんにちは。お久しぶりの更新です。

このブログは「マリージュフレール」か「ルピシア」の記事へのアクセスに偏っているので、他の内容を書き連ねても、注目されないことがほとんです。

 

確かに数年前までは、マリアージュフレールフレーバーティーが大好きでした。ルピシアフレーバーティーを全種類飲んでハマりにハマった時期もありました。今も続いているものもいくつかありますが、最近は、ますます良質になっている日本茶に特に関心があり、逐一ツイッターにて、美味しかった紅茶やお茶を写真付きでツイートしています。

 

このブログはツイッターをされていない方々が多く閲覧してくださっているようなので、今回はツイートまとめ記事にしようと思いました。

 

以下が私のツイートの引用です。(日本茶以外、紅茶全般を主に)

続きを読む

ダマンフレールから個人輸入して飲んだ紅茶やお茶40種類の感想

フランスのダマンフレールから個人輸入して飲んだ紅茶やお茶が40種類に到達したので、今までまとめた個人的レビューをブログにアップしようと思います。

※「é 」などのアクサンテギュなどは無視して記載しているのでご了承ください。

フランス語では紅茶は「The 」ではなく、「le Thé」となります。

 

・Quatre Saison   四季

バナナ、ラズベリー、ブルーベリー、バニラ着香の紅茶(ここのフレーバーティーのベースはキーマンとセイロンが多い)

 

順番にバナナ⇨ラズベリー⇨ブルーベリー⇨バニラと香味が移り変わる不思議さがある。おいしい。初めてダマンフレールから個人輸入して飲んだ着香茶はこれ、良質に感じた。

 

・Rose

ローズ着香の紅茶

ほのかなローズの香りがわざとらしくなくて良い。基本的にここの着香茶は苦渋みがない。

 

・Fraise Gariguette

ストロベリーティー

 

ドライストロベリーがブレンドされていて可愛らしい。フォートナム&メイソンのストロベリーティーよりも華やかな感じ。甘さは控えめで爽やか

 

・Violette

スミレの香りの紅茶

 

かすかなすみれ独特の渋みがあるお婆ちゃんの香水のような香り。癖があるので、好みは分かれそう。個人的には好き。他、フランスのスミレを使ったスイーツも好きだからかな。

 

・Noel a la Provence  プロヴァンスのクリスマス

イチジクとイチゴ、ハニーの着香紅茶

 

香りは蜂蜜が一番強い。イチゴなども感じ取れるが香りが強めのハニーティーみたい。

 

・Cerecier de Chine

ローズの花びら入りの桜の香りの緑茶

 

繊細な桜の香り。さくらもち系。きつすぎず上品。

 

・Nuit a Versailles   ヴェルサイユの夜

ベルガモット、キウィ、桃、ネロリ、スミレの着香緑茶。

 

ネロリはオレンジの花で単体でどんな香りか気になる方はフォートナム&メイソンのフォートメイソンをお試しください。

着香は強め。フレーバーのベースの緑茶もここのは苦渋みがなくて飲みやすいものが多い。この中ならスミレの香りが一番強い。ネロリベルガモットも感じるがすごく弱い。

 

・Jardin Vert  緑の庭

 

マリアージュフレールMFのマルコポーロの緑茶バージョンの着香をナチュラルにきつさをとった感じ。甘酸っぱくてクリーミールバーブとイチゴの着香緑茶。

 

・Christmas Tea Vert

りんご、バニラ、スパイスの着香にオレンジピールブレンドされた緑茶

 

様々なメーカーがクリスマスティーを出している中で、個人的にはこれが一番好き。オレンジとスパイスと緑茶ってとても合う組み合わせで、ここにりんごとバニラを加えるというセンスが好きなのかもしれない。

絶妙で繊細で華やかなバランスのとれた着香。けれども緑茶の味もする。スパイスの嫌味もなく、酸味の下品さも感じさせない、これは毎年買っています。

 

・Chirstmas Tea Black

オレンジ、キャラメル、パイナップル、マラスキーノ、チェリーの着香紅茶

 

着香自体弱め。キャラメルとマラスキーノが目立つ。酸味はほぼ無し。甘めのキャラメルチェリー系で繊細な着香だけれども、やや梅干し感が否めない。

 

・Earl Grey Yin Zen

シルバーチップ入り、カラブリアベルガモットアールグレイ。ベースはキーマンとセイロン。

 

着香自体がきつくない。キーマンの煙たさがやや目立ってしまう。苦渋みはなく、かすかなベルガモット。キーマンもしくは中国紅茶好きなら良いと思う。

 

・Rooibos Vanille

難しいルイボスにバニラの着香だが香りも味もきちんとバニラが豊か。だがどうしてもルイボスが強く主張する。バニラルイボスなら、今のところA.C.パークスの着香が好み。

 

・Coquelicot Gourmand

ポピー、ビスケット、マジパンの着香紅茶

 

ポピーってけしだから輸入できないのに、香料ならいいのかな?花は味がしない。ビスケットとマジパンの香りはあり。ほんのり香ばしい程度なので、ノンフレーバーの紅茶を飲んでいるみたい。

 

・The Vert a la Menthe  ミント緑茶

スペアミント。ペパーミントよりは全然弱い。歯磨き粉ティー。やはりミント系のお茶はアイスにしても苦手だ。ミント好きな方ごめんなさい…

 

・Christmas Tea White

アーモンド、チェリー、シナモン、ジンジャーの着香白茶

 

苦渋みなし。杏仁とチェリーの甘さあり。しかしジンジャーとシナモンのスパイスが強い。あえて表現するならば梅干しっぽいアーモンドが目立つ。やはりクリスマスティーは緑茶ベースが一番好み。

 

・Darjeeling Steinthal BIO GFOP  スタインタール茶園

こちら非着香。色はセカンドの橙色。苦渋みほぼなし。マスカテルも然程なければ特徴がこれっといってなく、あっさり。アイスだと繊細な味わいになって好みになった。

 

・Rooibos Oriental

パッションフルーツ、ピーチ、イチゴ着香のルイボスティー矢車菊やバラの花びらやドライベルガモットブレンドされていて目でも楽しめる。パッションフルーツの甘酸っぱさがあり、TWG Tea のエターナルサマーティーとジェイドオブアフリカの中間。

 

・Rooibos Citrus

レモン、クレメンタイン、ブラッドオレンジの着香ルイボス

ここの着香茶、花やドライピールが散りばめられていて良い。香りはシトラス系が上手にまとめられていて強すぎなくて心地よい。オレンジが一番強めだけれども、ルイボスの味もきちんとする。

 

・Tisane de la Maison Blancheハーブティー

オレンジピール、ローズピータル、レモングラスブラックベリーリーフ、香料はベルガモットとローズ

ほのかに柑橘系が香るがレモングラスや他のハーブの味が主。着香自体が弱い。

 

 

・Samba

ハーブティー。ハイビスカス、ドライアップル、ローズヒップオレンジピールコーンフラワーと紅花、オレンジとマンゴーの着香。

ハイビスカスの酸味が強いが、砂糖を入れるとマンゴーの甘さが際立つ。

 

・Fruits des Iles

こちらのベースの茶葉はインドとキーマン。パイナッップル、バナナ、バニラの着香。

苦渋みなし。パイナップルが一番強く、次にバナナ。バニラはあまり感じられない。ダマンフレールの中では着香が強めでトロピカルなのでアイスティー向き。

 

・Nuits D'Ete 夏の夜

ハーブティー。ハイビスカス。ドライアップル、ローズヒップ、りんご、ベリー、クリームの着香。

淹れる前の茶葉の状態ではクリームの香りがあったが、感じ取れたのはアップルとベリーのみのフルーツティー砂糖入りの方が良い。

 

・Jardin du Luxembourg リュクサンブール公園(パリ6区にある公園)

ジャスミンやローズの着香をされた緑色の烏龍茶(大陸)。

焙煎が弱めの緑色の球状茶。ジャスミンとバラの組み合わせなのか甘くて魅惑的な香りが印象的。ミステリアスなフラワリー系の香りが個人的にはまってリピートしている。

 

・Bali

ライチとグレープフルーツ、ローズの着香緑茶。ジャスミンとバラの花びらが散りばめられているのも美しい。ジャスミン以外にもバラやグレープフルーツの香りもきちんと香る。圧倒的に甘くて元気な香りがする。

 

・Paul & Virginie Vert ジャック=アンリ・ベルナルダン・ド・サン=ピエールの小説

イチゴ、レッドカラント、バニラ、キャラメルの着香緑茶。これは紅茶バージョンもあり。イチゴバニラの優しい香り。マリアージュフレールのパリ=ギンザと異なってどぎつくない。

 

・The de l'Abbaye この名前はサン=ジェルマンにあるHotel de l'Abbayeは関係あるのかな?

ミラベルとキャラメルなどの着香緑茶(ユンナン)。ミラベルの香りが強くて好み。キャラメルが違和感なく溶け込んでいる。ベースのユンナン緑茶が苦くて低温で淹れても違和感が残った…

 

・Bali Blanc バリの白茶バージョン

ジャスミン、ライチ、グレープフルーツ、ピーチ、ローズの着香された白牡丹(白茶)

香りがきつくなく上品。こんなにあらゆる香料をよくバランスよくまとめられるなぁと感嘆の声が出る。白牡丹の茶葉が大きい。あえて言えば、ライチとローズの香りがメイン。

 

・Soleil Vert

ブラッドオレンジの着香緑茶。柑橘と緑茶ってなんでこんなに合うんだろう。甘めが強めのオレンジの着香。ホットでもアイスでもおいしい。これも毎年常備しておきたい。

 

・Clair de Fruits

チェリー、イチゴ、マンゴスチンの着香緑茶。きつくない着香。マンゴスチンの香りが良い。マンゴスチン自体珍しい。このトライアンドエラーの結果行き着きましたという調香の挑戦をし続けているメーカーの姿勢が好き。日本の紅茶メーカーは無難な着香 ばかりだから。そっと書いてみたけれども、この記事で実はここが一番大事なところ。「マンゴスチン、メロン、マジパン、ミラベル、マラスキーノ」など珍しい良い香りの香料とのレシピも開発する開拓が魅力的。前述のものはフランスに馴染みがあるものが多いから使いやすいのもあるが。保守に走る気持ちもわかるけれども、日本の紅茶メーカーももっと冒険したり、マーケしたり、時代が新しくなるにつれてある程度合わせていかないととは感じる。

 

・Macaron Cassis Violette

カロン(アーモンド)、ブラックカラント、スミレの着香緑茶。

カロンの甘さも感じさせつつ、グレープ系のブラックカラントの香りが一番強く、スミレと合っている。

 

・Satsuma Yuzu

タンジェリンと柚子の着香白茶

水色は橙色。着香自体は弱く、ほんのり白茶の味と柑橘の香り。ここの中でも着香は弱めの方に入る。

 

・Rooibos Pecan Pie

ピーカンナッツ、ヘーゼルナッツ、アーモンド、ピスタチオ、ハニーの着香ルイボス

ピーカンナッツパイが好きなので買ってみた。香ばしさと甘さがルイボスと合っている。ナッツ類だけではルイボスと調和しづらいので、ここにハニーも加えるというバランスの良さ。スイーツを飲んでいるみたい。刺激がほしいときに良い。ノンカフェインだし、間食がわりにこれを飲めば良い。

 

・Guranse Handrolled 1st Flush ネパール シャングリラ、グランセ茶園

ミストバレーに似ている。手揉みということでジュンチャバリ系を想像していたが、香味が薄くてあっさり。

 

・The Noir Noel a Vienne

チョコレート、アプリコット、バニラの着香紅茶、オレンジピールも入っている。

ほぼチョコレートティー。きっとベースはキーマン。煙たさやえぐみがなく、チョコを味わえる。けど、チョコレートティーなら、チョコを直接食べた方が良い気もしてきた。

 

・Pomme D'Amourりんご飴

紅茶のレビューからは逸れますが、この名称とレシピを若干変えてジャンナッツが後発的にパクってたやつだ。問い合わせたら、レシピが違うからパクってないと言い張っていたけれども、私はダマンフレールを応援します。だって、日本でブランディングし始めてから、パリの住宅街に店舗を建設し始めて、日本語のサイトを元に英語でサイト構築して、大田区のアパートの一室ジャンナッツジャパンの住所を伏せて、架空ブランドを買い取っただけのセイロンティーですからね、ジャンナッツって。詳しいことを書いてしまうと、またオー●ーシーズから記事削除要請がくるので、気になる方にはツイッターで答えよう〜。紅茶ってブランドやパッケージがなんぼの世界なところがありますからね。

 

レビューに戻ります、キャラメリゼされたりんごとマラスキーノの着香紅茶。紅花がまた美しい。ほのかにチェリー系のリキュールであるマラスキーノの香りもあり。ベースはキーマンっぽい。好きな人はすごく好きだと思う。

 

・Noel a Venise

バニラ、キャラメル、レモンメレンゲの着香紅茶。おいしい!!!これ、一口で星5をつけた。バニラとレモンの組み合わせが個人的にどハマりした。難しいのにバランスといい強弱といい、ダマンフレールのセンスがやはり好きなんだと思う。バニラとレモンメレンゲの香りがとても合っていて上品。レモンじゃないんだ、レモンメレンゲなんだ。この繊細さ、すごい。星5は他にもあるけれども、これは、よほど紅茶熱が冷めない限り常備決定。50gがあっという間になくなった。あ、パリの本店では50g単位で購入できます。

 

・Earl Grey Kerala

 ベルガモットネロリアールグレイアールグレイ自体は”ベルガモットの香り着けされた紅茶”ですが、そこにネロリの香りも着けられています。

ベースの紅茶はキーマンが強く、ネロリの香りが飛びやすい。すっきりとした軽いアールグレイが好みだから、ニルギリベースかキャンディベースのを飲めば良いのか…

 

・Tisane des Merveilles

ハーブティーバーベナ、リンデン、ここにルバーブラズベリー、イチゴ、ナツメヤシネロリの着香。

リンデンの甘さが際立つ。ハニー系の甘さ。ベリー系よりはハニー系が優位。こんなに賑やかに着香されているのに飲みやすい。

 

・Weekend a Paris

アロエ、ローズ、ジャスミン、プラム、メロンの着香烏龍茶

かすかにメロンとジャスミンの香味は感じられるけれどもどの香りも個体的に弱いのでぼやけている。そういうお茶はアイスティーにしちゃえ。

 

・Passion de Fleurs

アプリコットパッションフルーツ、ローズの着香白茶。

主にアプリコット系の甘い香り。酸味は目立たない。飲みやすい。

 

ダマンフレールから個人輸入したり、本店で買って飲んだお茶たちの感想は以上です。

去年から積み茶を整理しているので、飲み終わる頃にまた個人輸入する予定です。あちこちから紅茶を買ってはのんではいますが、着香がどぎつくなく、シックなものを求める方はぜひ一度ダマンフレールをお試しください。

www.dammann.fr英語でも利用できます。

注文後5日から一週間で到着しました。

 

ツイッターはこちら、お気軽にどうぞ〜。

twitter.com

 

 

 

オリジナルフレーバーティーのテイスティング

フレーバーティーを自由に組み合わせてテイスティングしてみました。

 

使用した茶葉は紅茶ベースと緑茶ベース

 

・レモンティー

・ローズティー

・マンゴーティー

・メロンティー

・ベリーティー

・オレンジティー

・ココナッツティー

・ピーチティー

ジャスミンティ

・チェリーティー

・アップルティー

などです。

 

中でも個人的に好きな組み合わせのフレーバーはこちらです。

 

・ピーチとジャスミン

これは紅茶ベースでも緑茶ベースでもとても合うフレーバー。アイスティーにしても美味しい。

 

・ローズとアップル

甘いけれども爽やか。

 

・ローズとスミレとほんの少しミント

これはマリアージュフレールイスカンダルの着香になります。自分で組み合わせてみたらイスカンダルを再現できました

 

・レモンとストロベリー

酸味はなく、甘さの中に爽やかさが演出されているのですっきりと飲める。どこか少しマリアージュフレールのサマースノウにも似ている。

 

・レモンとベリー

とても合う。アイスにしてもおいしい

 

 

逆にイマイチだった組み合わせのフレーバーはこちら

 

・マンゴーとチェリー

どちらも甘いので代わり映えしない

 

・マンゴーとベルガモットアールグレイ

別々に飲んだ方がおいしい

 

アールグレイジャスミン

どちらも主張が強いので別々に飲んだ方が個人的人は好み

 

 

テイスティングを終えてみての所感

どの香料を使うか、また比率によって全く異なる結果になりました。このブログのように文体が統一されていなければ、書くときの環境や精神状態によってむらがあるのと同様です。

フレーバーティーの仕上がりもテイスティングでの感じ方も使う香料のメーカー、ベースの茶葉、香料の比率によって大きく感じ方に差異が生じました。

桃とジャスミンがとても合うのは、どちらも中国の植物だからでしょうか。万人受けする香味だと感じます。

レモンとストローベリーは酸味と甘みといったお互いの良いところ引き立たせる相性にも感じました。

 

相性が良い香りは植物それぞれの産地も大きく影響するのでしょうか。ますますフレーバーティーの追究が楽しくなります。

 

 

 

15カ国を旅して飲んだ紅茶やお茶たち

こんにちは!みみはなです。

学生時代に通っていた学校から、取材で訪れた国や、ひとり旅で行った国を数えると、15カ国ほどになりました。

そこで、それらの国々で飲んだ紅茶やお茶を紹介しようと思います。皆様のご参考になれば幸いです。

 

17年ほど前のカナダでは紅茶よりもミロやココアを飲むことが多く、銘柄は覚えていませんが日本には流通していないメーカーだった記憶です。

 

14年前に滞在していたイギリスの家庭ではPG TipsやTetleyが一般的でした。これらを毎日大量消費します。ときにはストレートティー、ときにはミルクティーで。イギリスはガーデニングを趣味にしている家庭が多いので、庭のベンチに座りながら紅茶を飲むことがよくありました。毎朝紅茶でスタートし、お昼も紅茶、学校のカフェテリアでも紅茶、夜も紅茶という日々でした。

日本でよく目にするフォートナムアンドメイソンなど王室向けブランドはほぼ見かけませんでした。

 

続いて、時系列は無視し、国ごとに飲んだお茶を思い出させます!

 

トルコではチャイグラスでリゼのストレートティーを飲むのが日常でした。リゼはトルコ北東部の紅茶栽培地。とても濃くて渋みがあります。ほとんどは砂糖を入れます。

他にはエルマチャイという、いわゆるアップルティーもおいしかったです。トルコは根強い紅茶国です。

 

UAEではスリランカ産のアールグレイを飲んだ記憶があります。ストレートティーより、アールグレイの方が人気なんでしょうか。

 

飛んで、スウェーデンでは、紅茶よりも、フレーバー緑茶を飲んでいました。特に人気なのはレモングラスの緑茶でした。柑橘系フレーバーの緑茶は硬水のスウェーデンで美味しく淹れられます。もちろん紅茶も飲みますが、スーパーを見てもコーヒーの方が圧倒的に品揃えが豊富です。なお、北欧紅茶は見かけませんでした。

 

デンマークはA.C.パークスという王室ご用達ブランドで有名ですが、やはりコーヒー文化の方が根強いです。最近はデンマークを含め、北欧はお茶や抹茶ブームが到来しています。

 

ドイツではハーブティーを多く飲みました。カモミールやハイビスカス、ミントなどです。紅茶ももちろん普及していますがハーブティーの方がスーパーでも多かったです。フルーツティーも多かったです。

 

スイスでは紅茶やお茶よりもコーヒーの方が多いといった記憶があります。ドイツとスイスはかれこれ10年前なので、現在とは異なると思いますが。

 

フランスは紅茶やお茶好きが一定数おり、フレーバーティーの種類が世界一豊富でしょう。なぜなら香料の世界的主要産地が南部のグラースなので、安価に、そして多様な香料を使用できるからでしょう。調香師の人数もフランスがダントツトップだった気が…。

ところが、白人はカフェイン耐性が弱い人が多いためか、お茶は1日2杯程度しか飲まず、他はリンデンやリコリスといったハーブティーを消費する人の方が多いようです。

 

マリアージュフレールはアジア系観光客で溢れかえっていました。本店に行きましたが、品揃えがイマイチでした。ダマンフレールはヴォージュ広場の一角にあり、シックな佇まいが好きです。着香センスはこちらの方が好みです。 ベッジュマン&バートンは常連さんがほとんどでした。クスミティーは店舗展開が巧い。パケデザインだけでなく、着実に店舗数を増やしています。観光客向けの紅茶も多数揃えています。ジャンナッツはパリに確かに店舗はありましたが、お客さんがいなく、知名度が低いようでした。架空フランスブランドですからね。ルピシアのパリ店には行っていないのでわかりません。

 

ジョルジュキャノンがフレーバーティーの元祖なのですが、外国人にはほとんど無名で、地元のマダムたちで賑わっていました。パリの紅茶好きの方々はジョルジュキャノンかパレデテで茶葉を購入するとのことです。パリで紅茶を買うなら私はジョルジュキャノンをおすすめします。

 

私がパリで話を聞くことが出来た紅茶好きの方々は、なぜコーヒーより紅茶が好きなのかという問いに対して「お茶を入れる一連の作法が好き。繊細な香味が好き」との答えでした。なので、鉄器が流行るわけです。

 

アジアに行き、タイではチャーイエンという着色された甘いアイスミルクティーを一般的に飲みます。一時的に病みつきになる味で暑いタイで飲むと美味しいです。タイではお茶も栽培されているのが意外ですが。

 

ベトナムではハスの香りがついたベトナム緑茶を多く飲みました。ベトナムでも台湾の高山茶のような球状茶を製茶しているので、台湾茶に精通していないと、区別がつかないかもしれません。

 

マレーシアではボーティーという紅茶が有名です。ボーティーは味も香りも弱めでフレーバーティーのベースに適しています。とてもマイルドでストレートでも飲みやすい印象でした。ボーティープランテーションでは緑茶も製茶されています。

 

スリランカでは紅茶畑を見て回ったり、工場を見学したりなどなど、10日間紅茶まみれの日々を送りました。ランクの高めのホテルにはディルマのティーバッグが備わっていました。スリランカは紅茶国なので、どこに行っても紅茶を飲めますが、メーカーも多岐に渡り、全て把握するのはなかなか難しかったです。スリランカのムレスナティーはおいしかったですね。天然香料のフレーバーティーに慣れると、ディルマの着香茶がきつく感じます。

工場巡りでは、元マックウッズの製茶工場は「ラボケリー茶園」として存続しており、ヌワラエリヤ地域は見学をしたり、茶摘みをできる茶園が多くあります。ペドロ茶園は有名ですね。ルフナはぐっと標高が下がり、ルンビニ茶園などの見学ができました。南部ディンブラは道中の車酔いされる方が多いかと思います。しかし、良い紅茶を作っているのも多いのが事実。

 

台湾では台北市内からロープウェイで木柵付近へ行けば、鉄観音茶を作っている農家さんをちらほら見かけます。木柵鉄観音は焙煎が強めで、ほのかにオレンジのような香りが個人的にはくせになるおいしさです。

台北市内で沢山お茶屋さんと遭遇しますが、ベトナム産や大陸産のお茶を台湾産と産地偽装した球状茶などが売られていることが稀ではありません。坪林の文山包種はかさばるし安価なので、偽装されずに売られている場合がほとんどではないかと思います。もしわざわざ輸入してまで販売するにしては輸入コストの方が大きくつくので。

 

注意点としては台北市内のお茶屋さんで試飲させてくれるお茶と実際に袋に詰めてくれるお茶が同じとは限らないということです。こればかりは信頼できるお店で買うことをお勧めします。試飲させてくれないお店は例外です。

高山茶の中でも阿里山は鉄道があり、旅行者でも訪れやすいでしょう。

 

香港ではプーアル茶を多く見かけました。飲茶では大陸産の焙煎強めの烏龍茶。香港の記憶がだいぶ昔のものなので、思い出せません…近々またリベンジを果たしたいです。

 

スーパーの品揃えの写真やその他写真などはツイッターに載せているので、気兼ねなくご覧ください〜。

twitter.com

 

 

紅茶好きさんへ100の質問

 1 お名前をどうぞ(HNでもPNでも、もちろん本名でも構いません!)
  みみはな

 2 誕生日、もしくは、星座は?
  5月、牡牛座

 3 血液型は?
   O型

 4 性別は?
  ♀

 5 性格は?
   内向的だったり外交的だったり、大胆だったり臆病だったり、相反する要素がたくさんあるらしいです。

 6 出身地は?
   北日本の端っこ…津波で流されたから故郷はないよ〜

 7 お茶といわれて思い浮かぶのは? 紅茶? 緑茶? 中国茶? 日本茶? 
   それとも……?
   全部(フルーツティーハーブティーも含む)

  

 

8 飲み物の中で、紅茶は何番目に好きですか?   紅茶と言っても雲南の紅茶からセイロンティーまで、すごく幅広いですが、
  ダージリン春摘みCLや、みなみさやかのファーストは大好きです。  

9 貴方の記憶にある限りで構いません。一番初めに口にしたお茶系統は何?   
   蒸し製煎茶

10 紅茶を飲んだきっかけは?   
 兄が中学時代、催していた文化祭のアフタヌーンティーコーナーに立ち寄ったのがきっかけ

11 紅茶が好きだと自覚したのは、いつですか? また、そのきっかけは?   
  小2か小3。設問10がきっかけで。

12 貴方の紅茶の歴史をどうぞ    
  8、9歳で紅茶に衝撃を受けて、紅茶好きになり、小学時代から飲み漁る。
   離れていた時期はありますが、かれこれ20年くらい紅茶を飲んではレビューを付け続けたり、スリランカで茶摘みをしたり、パリの紅茶商で着香茶の製造工程を見学したり、日本でも茶摘みをしたりなど。紅茶関係の仕事はしていません。

13 世の中にたくさん紅茶がありますが、貴方はどのくらい言えますか?    まずは産地銘柄編でどうぞ  
  中国紅茶なんて膨大な種類ありますよ…。
とりあえず雲南、キーマン、千年、ダージリン、アッサム、ニルギリ、カングラ、ドアーズ、ネパール、シッキム、セイロンキャンディ、ウバ、ヌワラエリヤ、ルフナ、サバラガムワ、ウダプッセラワ、ケニア、イラン、リゼ、グルジア、オーストラリア、イギリス(アッサム)、台湾、日本(猿島〜沖縄)←ここで力尽きる

14 貴方の好きな紅茶の種類は?    また、どんなところが好きですか? 産地銘柄でどうぞ
  ダージリンクローナル春摘みが好きなのは、フラワリーでグリーンな香味だから。農園によっても、区画によっても摘む時期によっても大きく味のばらつきがありますが。
他、宮崎のみなみさやかという紅茶。杏の花のような香りでスッキリと飲めるところ。
他は、紅茶ではないけれども、文山包種。華やかな香りでコスパも良い。

15 逆に、貴方の苦手な紅茶の種類は? また、どんなところが苦手ですか?    産地銘柄編でどうぞ
煙たいラプサンスーチョンはやはり鰹節の香りを嗅ぎながら材木工場の味に感じるから。紅茶じゃないけれどもプーアル生茶の出汁みたいな味もやはり慣れない…   

16 どのくらい紅茶の種類が言えますか? メーカー銘柄編で、どうぞ
際限なく出てきます…詳しくは過去記事「8年間紅茶とお茶を飲み続けて発見した個人的お気に入り」にて。記録ノートを見る限り、ここに出てくる茶類の10倍は飲んでいます。
17 貴方の好きな紅茶の種類は? また、どんなところが好きですか?
   メーカー銘柄編でどうぞv
 メーカーでいうなら、着香茶になりますが、フォートナム&メイソンのフォートメイソンは好きです。ベースのキーマンとダージリンネロリの香りとあっている。
マリアージュフレールイスカンダル、ヴェールプロバンスも好きです。どんなところと言語化したいけれども、直感で好みの香りと感じたので言語化しづらいです。
トワイニングのレディーグレイはここ8年くらい定番で常備してあります。

18 逆に、貴方の苦手な紅茶の種類は?    また、どんなところが苦手ですか? メーカー銘柄編でどうぞv ルピシアのほとんどの着香茶。ガム系に使われている香料で、人工的だから。さくらんぼとコトブキとジャルダンソバージュは好きですよ。
マリフレでも華やかすぎたり強すぎる紅茶ベースの着香茶は苦手です。 19 どのくらい紅茶の種類が言えますか? フレーバードティー編で、どうぞv  たくさん国外メーカーも含めるとありすぎる… 20 貴方の好きな紅茶の種類は? また、どんなところが好きですか?    フレーバードティー編でどうぞv   アールグレイジャスミン系、ネロリなどのフラワリー系、チェリーも好き 21 逆に、貴方の苦手な紅茶の種類は? また、どんなところが苦手ですか?    フレーバードティー編でどうぞv   キャラメル系、チョコ系、そのものを食べた方がマシ 22 どのくらい紅茶の種類がいえますか?    缶(ペットボトルも含む)紅茶編で、どうぞv   飲まないからわからない 23 貴方は、缶(ペットボトルも含む)紅茶は好みですか? 好みじゃありませんか?    また、その理由は?   好みではない     24 紅茶は、リーフ派? ティーパック派? それとも、缶(ペットボトルも含む)派?  リーフ派 25 リーフティーは好みですか? 好みじゃありませんか? また、その理由は?   好きです。やはり美味しいものが多いから 26 リーフティーは、何がオススメ?(産地・メーカー銘柄問わず)    色々ありすぎるよーーー個人的にツイッターで聞かれたら答えます
27 ブレンドティーは好みですか? 好みじゃありませんか? また、その理由は?   好き。美味しいものは美味しい 28 ブレンドティーは、何がオススメ?(産地・メーカー銘柄問わず)   ダージリンとキーマンのブレンド  
29 ティーパックは好みですか? 好みじゃありませんか? また、その理由は?    美味しいものは美味しい。理由はもともとの茶葉が良質なのでは? 
30 ティーパックは、何がオススメ?(産地・メーカー銘柄,形状問わず)   tazoとムレスナは美味しかった記憶が… 31 紅茶は、ミルクティー派? レモンティー派? ストレートティー派?   ストレート     32 ミルクティーといわれて浮かぶのは?(産地・メーカー銘柄問わず)   砂糖と牛乳 33 ミルクティーは、何がオススメ?(産地・メーカー銘柄問わず)   アッサム

34 貴方は紅茶が先? ミルクが先?   
  紅茶が先

35 紅茶のミルクが、コーヒーのミルクと違うって知っていました?    知っていた方は違いを、知らなかった方は今の気持ちを、どうぞv   
  紅茶は牛乳、コーヒーは植物性油脂
36 これだけはミルクティーじゃないと! というのは?(銘柄・メーカー問わず)
   牛乳もしくは投入やアーモンドミルクなどの代替品で割ればなんでもありでは?

 37 貴方が作るミルクティーの作り方を教えてくれますか?
  アッサムか濃いめのディンブラでストレートを作る。
  ミルクを投入
  砂糖を投入
  完成 38 レモンティーといわれて浮かぶのは?(銘柄・メーカー問わず)   午後の黄色い紅茶
39 レモンティーは、何がオススメ?(銘柄・メーカー問わず)   ハーブティーになるけれどもビゲローの「I Love Lemon」
40 レモンは皮付き? 皮なし?   皮付き 41 貴方はレモンが先? 紅茶が先?    紅茶が先 42 どのくらいの時間、レモンを紅茶の中にいれています?    飲み終わるまで
43 これだけはレモンティーじゃないと! というのは?(銘柄・メーカー問わず)    レモンの香料が付いていればレモンティだし、強いて言うならば他の柑橘類の香りを着けているのに「レモンティー」と売り出されているもの 44 貴方が作るレモンティーの作り方を教えてくれますか?    キャンディーかニルギリでストレートを作る
  輪切りのレモンを浸す
  砂糖in
OK 45 ストレートティーといわれて浮かぶのは?(銘柄・メーカー問わず)    トワインングのイングリッシュブレックファスト 46 ストレートティーは、何がオススメ?(銘柄・メーカー問わず)   ディンブラの茶園ものは紅茶らしい。ダージリンの春摘み農園者は個性を楽しめておすすめ 47 これだけはストレートティーじゃないと! というのは?(銘柄・メーカー問わず)
  添加物まみれの紅茶飲料    48 フレーバードティーと言われて思い浮かぶのは?(銘柄・メーカー問わず)    着香された紅茶やお茶 49 フレーバードティーは、何がオススメ?(銘柄・メーカー問わず)   ジャスミンはハズレが少ない。ダージリンベースのアールグレイもおいしいものは多い。シトラス系のフレーバーもおすすめ。花系や他の果物系は人による 50 ブランデーを入れた紅茶は好みですか? 好みじゃありませんか?    理由も一緒に、どうぞv    好みじゃありません 51 ジャムを入れた紅茶は好みですか? 好みじゃありませんか?    理由も一緒に、どうぞv   あまり飲みません 52 お砂糖(甘味料の類)を入れた紅茶は好みですか? 好みじゃありませんか?    理由も一緒に、どうぞv   好みじゃありません 53 ホットティーといえば?   紅茶 54 ホットティーの作り方を教えてくれますか?  お湯を沸騰させる、
 お湯でティーポットとカップを温めてお湯を捨てる
 茶葉を入れたティーポットにお湯を注ぐ
 数分蒸らす
 カップに注ぐ
 完了

 55 アイスティーといえば?
  夏に大量消費する

 56 アイスティーの作り方を教えてくれますか?
  ボトルに茶葉をがさっと入れて水をバシャーとそそいで放置
  つまり水出し 57 これだけはアイスティーじゃないほうが……というのがあれば、どうぞv    クリームダウンしやすいアッサムとかウバ、ディンブラとか 58 突然ですが、もし紅茶がなくなったとしたら、貴方はどうしますか?   カフェインを抜かれて数日もがくが、そのうち紅茶のない生活に慣れると思う
59 貴方が好んで飲む紅茶のタイミングはどんな気持ちの時ですか?    朝や時間が比較的取れる時  
60 どういった環境で紅茶を飲みますか? 一番、飲む環境をどうぞv   デスクに座って入れる時 61 どのような環境で紅茶を飲みたいですか? 理想の光景を、どうぞv   慌ただしくない環境でフレーバーティーの香りをしっかり嗅げる光景 62 逆に、絶対に、こんな場所では紅茶を飲みたくないという環境は?    大勢の人が行き交う、うるさくて臭くて慌ただしいところ 63 突然ですが、紅茶好きな友人が落ち込んでいます。    励ますためにも紅茶を勧めるとしたら、どんな種類にします?  爽やかな気持ちになれるアールグレイ
64 紅茶とは少し違いますが、中国茶は好きですか? 好きな方は、オススメの一品をv
  好き  文山包種、武夷岩茶(焙煎が強いものより香り重視)、鳳凰単叢(茶葉が緑がかっていて、フラワリーな香りのもの)    65 紅茶とは少し違いますが、日本茶は好きですか? 好きな方は、オススメの一品をv    はい  宮崎の「みなみさやか」という品種の紅茶  
66 ハーブティーは好みですか? 好みじゃありませんか? 好きな方は、オススメの一品もv       はい カモミールとバラの蕾   67 紅茶と対極上にあるコーヒーは好みですか? 好みじゃありませんか?   いいえ 68 紅茶や上記(64~67)以外で、お好きな嗜好品はありますか?(ココアとかお酒とかタバコとか……)   ワイン 69 紅茶の思い出を語ってください。    子供の頃、初めて飲んだ瞬間、異世界にいるような心地がした。
   それほどまでにファンタジック
70 紅茶専用のポットがありますか?    はい 71 紅茶専用のカップはありますか?    はい 72 お気に入りのカップは何ですか? また、そのカップでよく飲む紅茶は?    レイノー ダージリン 73 一日に最高、どのくらい紅茶を飲みますか?   マグカップで8杯 74 月にどのくらい紅茶を飲みますか?    消費茶葉500〜600g 75 どのくらいのスパンで紅茶を買いますか?    積み茶が多すぎるので、ここ1年まともに買っていません。 76 紅茶を買うとしたら、ティーパック? それとも……?    茶葉 77 紅茶を買うときに何かこだわりますか?    自分の好みのものと賞味期限 78 いつも買う紅茶のお店があれば、教えてくれますか?    ティーポンド、心樹庵、ダマンフレール、ジョルジュキャノン、
   アイハーブ(通販)、青蛾茶房、他いろいろ
79 紅茶をいれる時の水は何を使う?(水道水? ペットボトルの水?)     浄水器を通した水道水
80 紅茶をいれる時に沸かすお湯の道具は?(ケトル? ナベ?)    ケトル 81 紅茶の種類によって、お湯の温度を変える?    変えます
82 紅茶をいれる時に何かこだわりますか?
   水  
83 突然ですが、もし、貴方の命が残り三日だとした場合、その間に紅茶を飲みますか?    飲む 84 紅茶の世界三大銘柄、言えますか? また、それらを飲んだことありますか?   ウバ、キーマン、ダージリン  全てあります 85 貴方の中の三大銘柄は何?   ダージリン、ニルギリ、日本、 86 初めての人にオススメする紅茶は?   ニルギリ 87 好きな人へのプレゼント用にオススメする紅茶は??   おいしい国産紅茶 88 今まで飲んだ紅茶の中で、一番美味しいと思った紅茶は?   何年か前のダージリンジュンパナチャイナファースト
89 今まで飲んだ紅茶で失敗した!と思った紅茶は?   煙たいキーマン 90 もし失敗だと思った紅茶ならば、どう始末する?(もしくは、始末した?)   消臭剤にする 91 紅茶を飲むときに一緒に何か摘まむ? 摘まむとしたら、何?    紅茶オンリー 92 紅茶の季節! と思うのはいつですか?    秋以降 93 紅茶の国! といわれたら、どこを思い浮かべます?    インド 94 ファーストフラッシュ(一番摘み)といえば?   ダージリン 95 セカンドフラッシュ(二番摘み)といえば?   ダージリン 96 貴方の近くに紅茶嫌いの人がいますか?   はい 97 紅茶嫌いの人にオススメするとしたら?   カフェイン耐性が低いので紅茶はお勧めできません
98 貴方の近くに紅茶好きの人はいますか?    はい
99 紅茶好きさんへ、何かオススメがあればお願いしますv   もうマニアックな方々ばかりなので、私が色々と教わりたいです^^;
100 お疲れ様でした。よろしければ、感想をお願いしますv   疲れターーーー紅茶は良きだよーーーー!!!

質問提供→『Capricious★World』様。
 





 

 

 

 

8年間紅茶とお茶を飲み続けて発見した個人的お気に入り

8年間の総ざらいになるので長文ブログになります!
 
スーパーで手に入るものから、通販で購入できるものから、個人輸入品まで色々と試してみました。
 
この記事はざっと飲んだお茶リストを2時間にらめっこして箇条書きにしたものなので、稚拙な表現力などお見苦しい点があります。
 
 
ではここからスタート↓
 
台北の新純香の文山包種はコスパが良い
文山包種は青心の明前が好み
 
バニラのフレーバーティーならA.Cパークスが抜群
ここはオレンジティーもおいしい
A.C.パークスならクイーンズブレンドという紅茶と緑茶にベルガモットを着香したものがあるが、これもおいしかった。
 
トワイニングのレディーグレイをアイスティーにするのは夏場の鉄板。
英国では変り種フレーバーティーをたくさん展開しているけど、イマイチでした。
 
フォートナム&メイソンの「フォートメイソン」(ダージリンとキーマンベースにネロリの着香)は最近は香りがきつく感じるけれど、好み。
 
着香茶にはまっていたときはマリアージュフレールバビロニア、サクラグリーンティーイスカンダル、ミラベル、マグノリア、ヴェールプロヴァンスなどを常備していました。
 
ダマンフレールは、クアトロセゾン、クリスマスティーヴェール(オレンジピールが特に良い)、ジャルダン・デュ・リュクサンブール、レモンメレンゲの香りが良いノエルアヴェニスが好きです。今は日本で買える紅茶は限られているので現地あるいは個人輸入になります。
 
ジョルジュキャノンはフルールドオランジュネロリの香りでおいしかった〜。
 
クスミティーはインペリアルラベルが好み。やはり緑茶ベースの方が好きなのかな?
 
ベッジュマン&バートンはルイボスアセロラクランベリーが爽やかで好き。
 
エディアールジャスミンチュンハオもおいしい。
 

 

アールグレイがおいしいのは個人的にテイラーズオブハロゲイト、ウィッタード、日本橋のイラン食材店「ダルビッシュショップ」で販売されているアールグレイはよく名前が変わるけど、ベルガモットが強くてなによりコスパがよいです。イランのお菓子「ギャズ」に付いていたカルダモンティーもおいしかった。
 
スリランカのアクバルブラザーズの紅茶おいしいですよ。
 
バシラーティーのブラッドオレンジというフルーツティーはおいしかった。
 
手軽に買えるセレッシャルのハニーバニラカモミールは落ち着く〜。冬季限定のシュガークッキースレイライドもおいしい。ウォーターメロンライムジンガーという着香ハーブティーは砂糖を加えるとスイカジュースみたいで美味しかった。
 
Tazo teaのバニラアプリコットホワイトティーは甘くて好み。もう販売停止されてしまったけれども、「レスト」というゼラニウムの香りがメインのハーブティーは大好きだったなぁ。
 
着香茶が大好きなときに通っていたTWGではパリシンガポールというチェリー系フレーバー緑茶が好きだった。ロイヤルモロカンというミントとミルラ系の着香茶は唯一無二のものだし夏場のアイスティーにgood
 
ネパールのジュンチャバリ茶園のヒマラヤンホワイトという白茶は美味しかった。ヒマラヤンブーケも好き。今は製茶されていないけど、手揉捻で作られる紅茶(HRHT)のJー193のロットは格別に美味しかった。2017のヒマラヤンスプリング春摘みもおいしかった。ここの茶園は安定感があればさらに良いと思います。応援してます。
 
香港のTea Hongの鳳凰単叢がおいしいので、絶賛個人輸入して挑戦中。
 
レモン系をがっつり味わうならビゲローの「I Love Lemon」一択です。
 
ハース&ハースのフラワーシャワーティーも華やかなフレーバティーで好き。
 
ボーティーパッションフルーツティーはローズの甘い香りもあってベースのマレーシア紅茶がマイルドで美味しかった。
 
ダージリンは難しい。年によっても、等級によっても、結構ばらつきがある。タルボはほぼ毎年おいしい。
シンブーリは面白い茶園。ここも毎年飲みたい。リザヒルも好き。サングマもタルザムも好き。ティーポンドさんのダージリン毎年美味しい。リーフルさんのダージリンも美味しい。
 
年々人気が増しているティーポンドさんも全種類飲んでみましたが、特に好みなのは、ハニーハーベスト、カーニバル、オウルブレンド、オランジェリー、バニラムーン、ショコラフランボワーズ。
 
ルピシアも全種類飲んでみて、特に好きなのは、さくらんぼ、コトブキ、ジャルダンソバージュ、レモネード(ボンマルシェ限定)です。
 
品揃え豊富で美味しいお茶を取り扱っている奈良の心樹庵さんの丸まったジャスミン茶、岩茶の黄観音、陳年有機鉄観音、鳥東単叢稲花香などが好きですが、福袋の大量のお茶をまだ飲みきれていないため、もっともっとあるでしょう。
 
宮崎茶房さんのみなみさやか紅茶ファースト、やまなみも好きです。
 
青山ティーファクトリーさんのディンブラも好き。
 
小梅茶荘さんの金観音、水仙も好みでした。
 
青蛾茶房さんの鳳凰単叢 宋種美味しかったなぁ〜。グラース産のバラ茶がとても美味しかった。
 
木村製茶工場さんの猿島青心烏龍も好き。
 
彩香さんの鳳凰単叢夜来香も。
 
岩茶の千里香も好き。
 
ムレスナティーは京都四条の香りがお気に入りです。
 
 
たとえ、●●の●●のロットが美味しくなかったから、このお茶は苦手と決めつけてしまってはもったいないので、お茶との巡り合わせは一期一会だと思います。
 
今回は総ざらいということでメーカー名も出しましたが、好みは人それぞれで、一人一人違った感じ方で良いと思います。このロットは苦手とかあまり決めつけず、気楽に楽しく紅茶を楽しみたいですね。
 
最後に、飲んだ紅茶メーカーを全部載せようと思いましたが、ものすごく長文になるので、またの機会に更新します。
 
たまにはこんな忙しない記事もいいかも?笑

紅茶やお茶に対して思うこと

ご無沙汰しています。みみはなです。

 

以前に書き留めた「紅茶メーカーに対して思うこと」と題した記事が思いのほか、反響が大きいことに驚いています。

あの記事を書いてから早5年。飲んだ紅茶やお茶の感想をその間に書き留め続けています。そして5年の間でだいぶ嗜好や考え方が大きく変化しています。

 

そもそも紅茶を好きになったのは、9歳のときに、ど田舎出身の私は当時、中学生だった兄の中学校が催す文化祭にて、イギリス人ALTに振舞われた紅茶を生まれて初めて飲んで感動したのがきっかけです。

 

それから、お小遣いを貯めてティーポットを買ったり、スーパーで紅茶を買う生活をしていましたが、社会人になってから、より多くの紅茶を飲むようになりました。

 

紅茶マニアになる方はそれぞれ異なった経緯かとは思いますが、大まかにまとめるとこういう感じかなぁと思います。(茶沼)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

紅茶を飲んで美味しいと思う

スーパーで売っている紅茶を買う

紅茶専門店で茶葉を購入したり、紅茶をメインに取り扱うカフェで紅茶をたくさん飲む(この辺りから、飲んだ紅茶の感想を書き留め始める、そして紅茶やお茶イベントに参加)

通販でよりこだわって作られた紅茶を購入(この辺りから積み茶が増え始める)

欧米ブランドのフレーバーやデザインが好きな人は個人輸入

香料にとても敏感になってくる

日本で茶摘み体験もしくはスリランカで茶摘み

自分で茶摘みから萎凋、発酵、乾燥を経て紅茶を作ってみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

という具合でしょうか。私もたまに日本で紅茶を作って楽しんでいます。

 

5年前に紅茶メーカーに対して思っていたことは、今現在ではさほど気に留めなくなりました。その間に、美味しい紅茶を作られる日本のお茶農家さんも増えたので、マリアージュフレールなどのフレーバーティーよりも日本の紅茶の消費量も格段に増えました。私の嗜好は、香り重視なので、ここ2年ほどは釜炒り茶や微発酵茶や発酵具合が弱めな紅茶を好んで飲んでいます。

 

空白期間はありますが、かれこれ20年くらい紅茶を飲み続けていて、なおかつ5年間、飲んだ紅茶の記録をつけ続けていると、自然と香料が着けられているか、否かわかってくるようになったのは、舌を鍛えてくれた紅茶たちに感謝です。

 

そうなると、おいしい紅茶をたくさん試飲できるジャパンティーフェスティバルで、とある会社が「まるでマスカットのような香りがします」と提供していたダージリンは明確に香料が添加されていることがわかったりと、面白い体験もできました。

 

フレーバーティーを飲みたくなるときも、フルーツティーを飲みたくなるときも、月光白や陳皮白茶などの中国茶を飲みたくなるときもあるので、これからも自由に紅茶やお茶を楽しみます^^